後継者のためにきちんと事業承継をしましょう

事業承継の全体像

事業承継には大きく、1.後継者の選定。2.後継者の育成。3.経営権の承継。4.財産の承継の4つがあります。それぞれに、注意すべき点がございます。



相続税対策

事業承継をする上で、相続税対策は切手も切り離せないものです。相続税対策には高い専門性と経験が豊富な専門家に依頼することをオススメ致します。

事業自体に多大な影響を及ぼしますので、慎重に判断しなければなりません。

詳しくは、
相続税対策のページをご覧ください。

種類株の活用

種類株とは、株主の権利について普通株式とは違った権利を付与したり、株主の権利の一部を制限または剥奪した株式のことを指します。企業を承継する場合、経営者と株主が持っている権利によって問題が発生する場合がございます。

詳しくは
種類株の活用のページをご覧ください。

事業承継をし易くする「経営承継円滑化法」 

どんな法律かと申しますと、事業承継の阻害要因だった民法の遺留分制度に対しての特例と相続税負担に対しての納税猶予措置ができます。結果、事業承継に不可欠な自社株式などの生前贈与が確実になり、後継者の貢献による株式価値上昇分は遺留分減殺請求の対象外となりました。

詳しくは、
経営承継円滑法のページをご覧ください。



相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!



 TOPに戻る  ●料金表  ●事務所概要  ●スタッフ紹介